サーフィンのテクニック・ゲッティングアウトのツボ

img-1

サーフィンをするために沖へ出ることをゲッティングアウトといいます。



この時、次々と押し寄せてくる波や崩れてくる波をうまくかわさないと岸へ戻されてしまいます。

その時に使うサーフィンのテクニックがドルフィンスルーやプッシングスルーです。


がむしゃらに沖に出ようとしても体力を消耗するだけなので潮の流れを上手に利用することが大切になります。

木工教室の情報探しはそれほど難しくありません。

ドルフィンスルーはゲッティングアウトの中でも最も一般的なもので波の大きさにかかわらず使えます。

デザイン専門学校 東京について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

海中にサーフィンボードと体を潜らせて波のしたをくぐるテクニックです。

赤ちゃん 寝かしつけのことならこちらをご活用ください。

初心者の場合はボードの浮力や水の抵抗が大きいのでボードをうまく波に沈めるタイミングが難しいところですが、腕の力だけでなく全体重をかけてノーズを波の下に突き刺すような感覚でおこなうとうまくいきやすくなります。

効率がいいジュエリー 専門学校に関するサポートサイトはここです。

そもそも習得には3年ほどかかるとされ、ビギナーが最初にぶつかる壁でもあります。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000HCWKZ

これを克服するにはとりあえずどんな波でもドルフィンを超える練習をすることです。

http://okwave.jp/qa/q6652981.html

うねりだけでなく、プッシングスルーで超えられないような小さな波でもドルフィンスルーしてみることが大事になってきます。
潜るタイミングも波の1メートル手前で潜るという意識で練習すればわかりやすいです。意外とボードを沈めるタイミングを把握していないサーファーも多いですが、上手に潜り抜けるためには波がブレイクする前にボードと体を沈める準備をして波を十分にひきつけてからすばやくボードを沈めるのがポイントです。

http://okguide.okwave.jp/guides/40742

関連リンク

img-2
サーフィンのテクニック・ゲッティングアウトのツボ

サーフィンをするために沖へ出ることをゲッティングアウトといいます。この時、次々と押し寄せてくる波や崩れてくる波をうまくかわさないと岸へ戻されてしまいます。...

more
img-2
予備校を少しでもお得に

大学へ向けての勉強で予備校の門を叩く人も多いと思われます。右も左もわからず、近くの予備校にひょっこり体験授業をしに行って、そのまま入会してしまう…そんなパターンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。...

more
top