サーフィン上達の道標

img-1

颯爽と波に乗る姿は格好良く、自身も爽快な気分になれます。


しかしサーフィンは簡単にできるものではなく、何度も練習が必要です。

まず第一にスイミング能力が高くないと海に入ってはいけません。

波のパワーは非常に大きいので、ミスをするとまるで自分が洗濯機に入っているかのように巻き込まれることがあります。


その時に慌てると溺れてしまうので、何があっても冷静に泳げるだけのスイミング能力は必須です。
また、離岸流という自然と沖に流されてしまう現象がありますが、それを回避するためにもスイミング能力が求められます。

サーフィンを始める時はいきなりサーフボードを使うのではなくボディボードから始めます。ボディボードとはただ波に乗るだけのボードで立つのは不可能です。


ボディボードで波に乗る感覚を覚えるのですが、波と一緒に進むというイメージが大切です。良さそうな波を確認したらパドリングという手で海面を進む方法で移動し、波が来たらボードを掴んで波に乗るという具合です。


この時にボードの先が下に向いているとそのまま海底の方へ沈んで危険なので、ボードの先は海面と並行を維持します。ボディボードで波に乗る感覚を掴んだら、いよいよサーフボードでサーフィンをします。

サーフボードの方が安定しているのでパドリングはしやすいです。波に乗るタイミングはボディボードと同じで、後は立てるかどうかです。
立てたら、波と並行するように進むと長く乗れます。

専門学校 山口県情報をご紹介いたします。





川口市 夜間保育園はこちらのサイトで情報公開中です。



https://matome.naver.jp/odai/2148132840067418101

http://www.sankei.com/premium/photos/161123/prm1611230006-p2.html

http://okwave.jp/qa/q421584.html

関連リンク

img-2
予備校を掛け持ちすることのメリットとデメリット

学歴社会を勝ち抜くために、できるだけレベルの高い大学に入学しようと、予備校を掛け持ちしている方が少なくありません。予備校は、学校では難易度が高くて扱わないような、高度な内容の講義をしてもらえる場所でもあり、指導力の高さから、大学受験対策にかなりの効果があります。...

more
img-2
無料の会計ソフトで確定申告も楽々

フリーランスの人は確定申告の時期になると、余計な手間がかかってしまって仕事も手につかなくなってしまうということも少なくありません。会計の知識がある人であれば、簡単にできることであっても多くの人がそのような知識があるわけではありませんから、このような時期になると確定申告用に書類を作成するのに四苦八苦してしまうものです。...

more
top